健康でハリのある魅力的な髪になるために

波に揺れる姿が髪の毛を髣髴させることから、昔から海藻は髪の毛に良いと言われていました。けれども、海藻類に含まれている栄養素にはこれといって発毛を促すような作用は認められていませんでした。でも、海藻のネバネバした成分に含まれるフコイダンが毛母細胞を活性化させて発毛に欠かせないIGF-1と呼ばれる物質を増加させることが明らかになりました。IGF-1は、ソマトメジンCとも呼ばれていて、海藻類以外にも、大豆製品や唐辛子などの食品を摂取することでも作られます。もちろん、個人の力でも育毛を行うのは不可能ではありませんが、より効果の高い育毛治療を受けたいのであれば育毛専門クリニックは避けては通れません。治療を開始して、薬を使い始めてからではクリニックを変えることは難しくなますし、植毛を行うとなると施術の費用が気になります。こうした心配を無くすためにも、まずはカウンセリングを受け、安心して治療を任せられるクリニックを探すようにしてください。ほとんどのクリニックはカウンセリングについては無料で行ってくれています。血行不良を改善することは、健康的な髪質を得るためには大切になります。では、どのように血行を改善すればよいのでしょうか?それには身体を動かすことが一番ですが、長時間激しいスポーツを行わなくても、ストレッチやヨガなどを毎日15分程度行うようにしていれば、血管が広がり、全身の血行が改善していきます。また、こうした運動は育毛効果だけでなく、全身の血行が良くなりますから、身体のコリが改善され、リラックスできます。髪に良い食事を摂ることで、健康的な髪の毛を育てることができるでしょう。髪の悩みに効く食材は、たんぱく質が補えるものです。このたんぱく質が、髪の毛を作っています。たんぱく質補給でおススメなのは大豆、卵、乳製品などの食品です。その中でも、イソフラボンという女性ホルモンに似た成分を含み、薄毛を進行させる男性ホルモンの活性化を抑えることの出来る大豆は、髪の悩みには最適な食品だと言えます。育毛に関しては育毛剤などによる治療も重要ですが、くしやヘアブラシのことも忘れてはいけません。頭皮や髪に一番長く触れるものですから、育毛の最中は症状を悪化させないようなものを使うようにしてください。頭皮に傷がつく可能性のある先がとがっているタイプのものや、安価なナイロンブラシは静電気で髪の毛が絡まることがあるため避けたほうが無難です。これらの製品よりは値段が高くなってしまうものの、天然素材が使われているヘアブラシの方がおススメです。私達、ヒトの体はおよそ60%が水分で作られています。それゆえに、健康を考えると、一日当たり3リットル程度の水分を摂取した方が好ましいといえます。体内の水分が不足すると血液が濃くドロドロになって、血行不良の原因になります。そうすると、血流にのって髪に届くはずの栄養素が髪に届かなくなり、髪の健康に悪影響が及びます。それに、水分不足は肌にも強いストレスを与えるので、頭皮にも悪影響である事は言うまでもないでしょう。病院の処方箋を見てみると、まったく副作用が現れない薬は無いでしょう。これは育毛剤についても同様で、副作用がない育毛剤はありません。処方箋で出された育毛剤については説明を受けますから、指示通りに使用すれば良いでしょう。けれども、個人輸入するのなら、前もって副作用の有無と危険性について認識した上で使用しなければいけません。実は、育毛にはゴマが効果的です。たんぱく質やビタミン、亜鉛といった育毛に必要な栄養素を補給することができます。ゴマというと白ゴマや黒ゴマなどがありますが、リグナンというホルモンバランスを整える成分が含有している黒ゴマは、より最適です。でも、ゴマには脂質も多く、過剰に摂取すると逆にマイナス効果になってしまいます。過剰摂取しても髪が生える訳ではありませんから、薄毛予防として適度な摂取をおススメします。髪に良いとされる栄養素は多くありますが、特にたんぱく質と亜鉛、ビタミンB群は、育毛には欠かせません。例えば、たんぱく質はアミノ酸の結合体であり、アミノ酸はケラチン(毛髪の主成分)になります。亜鉛はケラチンを生成するために必要不可欠な栄養素です。さらに、発毛を促し髪の毛を成長させる毛母細胞は、ビタミンB群によって活性化します。これらが豊富な食物として、たんぱく質は大豆製品、亜鉛は牡蠣に多く含まれ、なお、ビタミンB群ならば、レバーや緑黄色野菜などの食品の含有率が高くなっています。筋トレをしている方にとっては嬉しくない話ですが、過度な筋トレは薄毛を進行させるという話があります。筋トレを行うことで男性ホルモンが大量に分泌され、それが抜け毛を進行させる、というのがこの話の根拠になりますが、調べてみると筋トレを行った人すべてに薄毛の兆候が見られるようなことは、まずありえません。けれど、男性型脱毛症、別名AGAの人が筋トレをすると薄毛を進行させることがあります。AGAは体内の男性ホルモンが脱毛物質へと変化しやすい病気だからです。
ぱさつく髪 シャンプー